アフィリエイトの特商法について

NO IMAGE

商品をインターネットにて販売をする場合においては、自分が商品を販売する場合において、特商法を明記することで相手の購入者の方にインターネットで販売している商品に対して責任を持つことを促す規定を設ける必要があります。これは、インターネットショップを副業にて行っている場合、特商法の明記が義務付けられており、表記をしなければ後々トラブルとなった場合において、責任の所在を追求した場合、ルールを取り決めていないが故販売者側がすべて背負うことにもつながりかねないのです。

また、特商法が無いショップにおいて購入者となる方も詐欺なのではないかと言う不安感を口コミなどで口にする方も多いように、特商法自体が無い場合、購入者となる方が個人で商品を販売しているショップで購入を検討することは厳密に言いますとないと言っても過言ではないです。

この特商法は、主に故人と販売者間の間で商品売買のルールをを取り決めているもので例えば、サービスや商品に問題があった場合、返金を申し出ることを可能とするなどのルールを取り決めます。このルールが無い場合、ショップはルールの明記をしていないが故無法地帯でただ商品を売るだけのお店として評価されるのです。

一方でアフィリエイトにおいては、実は特商法の表示は必要ないです。何故なら、アフィリエイトの場合、商品を直接販売しているわけではなく、間接的に企業が在庫を持つ商品を宣伝し、宣伝した商品が売れることで報酬を得るのがアフィリエイトになるため、特商法については明記する必要が無いのです。

これは、商品の宣伝が主であるため特商標の明記をする義務がないが故表示する必要が無く、また表示した所で商品の返本や返金と言う対応は商品を販売している企業が背負う義務になるため、勝手に企業が追う義務を上書きすることをしてはいけないのです。

つまり、アフィリエイトの場合、商品保護の説明の他特商法による記載をする義務がないが、それと同時に商品を販売している企業が追うであろう責任について宣伝者側が勝手に特商法を記載して企業が背負う義務を勝手に上書きしてはいけないということです。逆に言ってしまえば、アフィリエイトは商品の宣伝をして報酬を得ることだけを考えればよいので、初心者の方でも疑似的に商品を販売しているお店を持っているような感覚がつかめる分、インターネットショップ開設を行う練習としてアフィリエイトは最適であると言ってもよいでしょう。